Miki’s Diary

Mikiの徒然日記。

牛久シャトー

2021年11月27日(土)


f:id:Miki_diary:20211127160710j:image

浅草に古くからある神谷バー。電氣ブランの存在と、歴史的なバーである事は知っていたが、利用した事はない。

だが、ひょんな事から創業者がワイン醸造に関係していて、それが牛久にあるシャトーと知る。

その牛久シャトーは昨年(2020年)日本遺産に認定。


f:id:Miki_diary:20211127172743j:image
そうだ、牛久に行こう!

常磐線牛久駅から徒歩約8分。

着いたのは裏口。


f:id:Miki_diary:20211127161501j:image

人っ子一人いないから、なんでもない秋の公園を散策。


f:id:Miki_diary:20211127161633j:image


f:id:Miki_diary:20211127161649j:image


f:id:Miki_diary:20211127161746j:image


f:id:Miki_diary:20211127162419j:image


f:id:Miki_diary:20211127161827j:image


f:id:Miki_diary:20211127161841j:image

秋の自然を感じるのも今日の目的の1つ。風が冷たかったけど、今年初のダウン来て行ったので、ぶらぶらと秋の空気を満喫。

最初に見つけたのが、『オエノン ミュージアム』。


f:id:Miki_diary:20211127162250j:image


f:id:Miki_diary:20211127162308j:image

牛久シャトーを保有している会社のPR的なミュージアム。焼酎飲まないからよく知らないけど、昭和的な感じが懐かしさもあって、まあ、無料だし見て損はなし。

またぷらぷら歩くと、葡萄畑。


f:id:Miki_diary:20211127163021j:image


f:id:Miki_diary:20211127163040j:image


f:id:Miki_diary:20211127163058j:image

もちろん、もう葡萄は収穫後。


f:id:Miki_diary:20211127163431j:image


f:id:Miki_diary:20211127163453j:image

やっとシャトーっぽい建物が見えてきたら、こっちが正面。

f:id:Miki_diary:20211127173527j:image

で、なぜか先にショップに立ち寄る。

が!先に寄るのはオススメしません。なぜなら、色々疑問に思ってしまうから。

置いてあるワインのほとんどは輸入ワイン。日本ワインも、この時点ではハテナだった。

レッツゴー、1番の目的地。


f:id:Miki_diary:20211127164043j:image

『神谷傳兵衛記念館』。日本初のシャトーを築いた人物の記念館。

ワインを知ったきっかけが、当時の原因不明の病で生死を彷徨った時に滋養の為に勧められた事。

そこからワインを国内で醸造して、一大産業とする夢を抱き、叶えた人物。

もちろん一人で叶えたわけではなく、同じ頃甲州勝沼で宮崎光太郎らが農家とワイナリーの共存体制を確立、両者が競い合う形で日本のワイン産業を盛り上げて行った。

この宮崎光太郎の私邸も、先日勝沼で訪れている。

f:id:Miki_diary:20211127170044j:image


f:id:Miki_diary:20211127170109j:image

そんな歴史のお勉強をしつつ、昔ワイン造りに使われていた道具を見て、階段を降りるとそこはセラー。暗闇で怖い位。


f:id:Miki_diary:20211127170643j:image


f:id:Miki_diary:20211127170656j:image


f:id:Miki_diary:20211127170708j:image

見応えたっぷり。無料なのが申し訳ない位。

昼食は、旧貯蔵庫のレストランで。


f:id:Miki_diary:20211127171030j:image


f:id:Miki_diary:20211127171041j:image

1番お手頃なのは、キッシュに私が食べられない小柱が入っていたので、真ん中のコースを。


f:id:Miki_diary:20211127171103j:image


f:id:Miki_diary:20211127171222j:image



f:id:Miki_diary:20211127171300j:image


f:id:Miki_diary:20211127171311j:image


f:id:Miki_diary:20211127171321j:image


f:id:Miki_diary:20211127171329j:image

頂いたワインは、白 シャトー•デュ•バン デラウェア。赤 葡萄の城。

お料理もワインも、たいへん美味しく頂きました。

11∶30オープンに行ってもすでに並んでいたので、早めに待機するか、予約をオススメします。

あとは一巡した13∶30頃から。

再度ショップに寄り、先程の疑問は解消。むしろワイン買いたくなったけど、お財布と在庫と今後の予定を考慮して、お土産には、電氣ブランとワインケーキを買いました。


f:id:Miki_diary:20211127172150j:image

まだ公開できていない場所もあるようだし、いずれは醸造再開して、ワインラバーが一度は訪れたい場所になって欲しいな。

秋のショートトリップ。満足です。

https://www.oenon.jp/ushiku-chateau/

 

 

 

 

bookroad 葡蔵人

2021年11月23日(祝)



f:id:Miki_diary:20211125183816j:image


台東区にある都市型ワイナリー、bookroadさん。

月一バルと称する有料試飲に2回ほどお邪魔し、女性醸造家の須合さんともお話させて頂いたり、記事を読み漁ったり。

Instagramをフォローしていると、時々お手伝いの募集がかかる。なかなかタイミング合わずに参加できていなかったが、先日とうとうチャンスが!

しかも、今年収穫のお手伝いをした甲州を使ったスパークリングワインの瓶詰め。

もちろん私が収穫した甲州ではないけど、なんか繋がりがあって嬉しい。

お尻の長い工事のトラックが曲がるのに苦労するほどの、普通の住宅街の一角にあるワイナリー。

扉を開けると、あま〜い香りが。

すぐそこが醸造所で須合さんが作業中。

3階のイベントスペースに荷物を置いて戻ると、シューズカバー、ヘアカバー、シリコンの手袋を装着。

私の任務。

①新しい空の瓶15本入った段ボールに日付、品種を3面に記入。

②洗浄機に4本セット。埃を流す程度に洗浄。

この際、言われたわけじゃないけど、底にカケのある瓶を一本発見。検品の役割も果たせたかな?


f:id:Miki_diary:20211125191243j:image

③乾かす為にポールにバランスを考えながらさす。


f:id:Miki_diary:20211125191538j:image

④空いた段ボールの裏面にビニールテープ十字に貼って補強。出来上がったワインを入れる場所へ持って行く。

①〜④をひたすら繰り返す。

単調だし、なかなかの重労働。でも、嫌いじゃないのよ、こういう作業。

⑤ワインを充填。この日は須合さん。途中から社員さん。


f:id:Miki_diary:20211125192253j:image
f:id:Miki_diary:20211125192359j:image

⑥フチについた水滴をタオルで拭き取り、王冠の取り付け。箱詰め。この日はもう一人のお手伝い参加者が。15本、箱いっぱいになったら社員さんに本数確認して貰ってテープで封。


f:id:Miki_diary:20211125192714j:image


f:id:Miki_diary:20211125192730j:image

これを寝かせると、スパークリングワインになる。

途中一次発酵済、瓶詰め前のワインを飲ませて頂いたけど、なんだろう。スティルワインとも違うけど、ワインはワイン。これが瓶内二次発酵してシュワシュワすると思うと、味とかなんとかより、「ふしぎ〜」が率直な感想。

数年前、いつものように発酵が始まらず、先輩醸造家さんに相談したら部屋の温度を聞かれ、「それは寒すぎるよ。寒いと発酵しないよ。」と言われて暖房を入れたとか。

他のワインもあるから加減が難しく、スタッフさんは寒い所で事務作業してるのに、子供達の為にはしっかり温度管理して。ご苦労が伺えるのと同時に、「ワインって生きているんだ〜」と改めて感動したエピソードでした。

いろはすのミニボトル頂いて、時々休憩しながら、須合さんとは色々お喋りもしながら2時間半。

約450本の甲州スパークリングを瓶詰めして、我々のお手伝いは終了。

なんか好きなワインに関われて、シードルとワインの香りに包まれて、身体も動かせて、お話もできて。有意義な、幸せな時間だった。

またやりたいな。

(最後にちょっとだけ、ご褒美に何か試飲させて貰えたら最高なんだけどな、なんちゃって😂)

 

ただし、運動不足過ぎる私はその日の夕方から筋肉痛が。翌日は腰。翌々日は後頭部。後頭部?こんなとこ筋肉ある??でも、頭痛と明らかに違うから、筋肉痛かと。

それでもタイミング合えば、また参加しようと思ってま〜す。

 

http://bookroad.tokyo/

 

 

 

 

ぶどうばたけ/菱山中央醸造

2021年10月18日(月)


f:id:Miki_diary:20211031083709j:image

前日利用したタクシーの運転手さんに、今でも手搾りでワインを作っている所があると教えて頂き、お邪魔する事に。

(実はそのタクシーに水筒を忘れ、朝届けて頂いたばかりか、「通り道だから乗って行きな」、とぶどうばたけまで無料で送って頂きました。優しさに感謝です。また勝沼に行った時はお電話して、利用させて頂きます!)

菱山中央醸造さんでは、地域の農家さんがぶどうを持ち寄り、主にボランティアスタッフが手作業でワインを作っている。たくさんぶどうを持って来た農家が、たくさんワインを持って帰れるとか。

ぶどうばたけに着くと、ちょうど地元の小学生が見学に来ていたので、一緒に話を聞かせて頂いた。子供達のおじいちゃんがその場にいらしたり、おじいちゃんの名前(ファーストネーム)を聞いて、「ああ、あそこの畑の孫か!」都会では親の職業聞いたらプライバシーがって言われそうなのに、のどかでほのぼのした空気だった。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASPBL7HHBPBLUZOB004.html


f:id:Miki_diary:20211031085717j:image
f:id:Miki_diary:20211031085744j:image

この中にぶどうを入れて、茎を取りながら、実を下に落としていく。

坂の下と繋がっていて、そこで搔き出し、手作業でも茎等を選別して木製の圧搾器?に入れる。


f:id:Miki_diary:20211031091345j:image

重しをして、ジャッキを使ったり、人が乗って果汁を搾る。


f:id:Miki_diary:20211031091834j:imagef:id:Miki_diary:20211031091927j:imagef:id:Miki_diary:20211031092045j:image
f:id:Miki_diary:20211031092102j:image
搾りたての果汁。エグみもなく、絞っただけなのに甘くて美味しかった。

f:id:Miki_diary:20211031092409j:image

手搾りなので、機械で半分位しか絞れない。搾りカスは近所の農家の畑に撒き、栄養にするとの事。トラクターで運ばれて行きました。

子供達への説明は続いていたけれど、私はワインの試飲へ。

白辛口、白甘口、ロゼと試飲。

ロゼは、食用のぶどうを含め、余っているぶどうをなんでも混ぜるらしく、毎年セパージュが異なる面白さ。

白甘口も、甘ったるくなく、優しい味わい。

とはいえ、やっぱり食事と合わせるには白辛口だよな、と購入。

後日麹檸檬鍋に合わせて頂きました。


f:id:Miki_diary:20211031094221j:image
f:id:Miki_diary:20211031094336j:image

コルクやシールも手作業、自分たちが飲むワインという事でエチケットもなし。

勝沼では、一升瓶を湯呑みで飲むそう。

「湯呑みで美味しいんですか?」と思わず聞いたら、「グラスで気取らず、気軽に飲めるように。美味しいというより文化です。」との事。

勝沼の文化を尊重して私も湯呑みで。

あら不思議。湯呑みだと難しく考える事なく、グビグビと。和食何にでも合いそうだし、優しく絞ってある分雑味がなくて、キリリと辛口なのに飲みやすい。

3日かけて飲んだけど、翌日の方が少し熟成した感じも出て、最後まで美味しく頂きました。

昔ながらの日本でのワイン造りを見る事ができて、非常に興味深く素敵な体験でした。

https://www.budoubatake.co.jp/story.html

 

 

 

 

シャトー勝沼 ぶどうの収穫体験参加

2021年10月17日(日)


f:id:Miki_diary:20211023102218j:image

シャトー勝沼さんで1年を通して開催されている、『ファーム トゥー ボトル ぶどう造り体験プログラム』の収穫体験に参加。

当初は5月の芽かき体験に参加して、気に入ればその後の作業にも参加しようかな、と思っていたけれど、コロナの感染拡大、非常事態宣言。参加を躊躇っていたら、案の定プログラム自体が中止に。

そうなるとちょっとテンション下がってしまい、収穫とバーベキューのいいトコ取りの会に参加して、雰囲気だけ味わえたらいいかな。久々に田舎の空気吸ってリフレッシュして来れたら。

…なんてナメた考えで参加しちゃいました。

当日はずっと雨予報。でも盆地の勝沼は傘マークが小さいし、きっと作業はできる。ズブ濡れになるほどではないだろう。

そう信じて、着替えはもったものの、長靴やら本格的な合羽は持参せず。

移動中、なんだか凄い大雨。いやいや、トンネルを抜けたらそこは別世界のはず!

実際勝沼手前から雨は降っておらず、傘をさすことなくシャトー勝沼へ。

f:id:Miki_diary:20211023103945j:image

常連さんらしき方々が慣れた雰囲気で受付しているので、後について控室へ。

皆さんガチの雨の日仕様にチェンジ。全身合羽、帽子、長靴、手袋、手拭い。

ちょっぴりアウェイ感。それでも気にしない。参加者約40名。2グループに分かれていざ収穫へ。

坂をぐんぐん登って鳥居平圃場へ。ちょっと雨が降り出した。まだウィンドブレーカーで凌げる程度。

側道で背負子を装着して、雨で滑りそうなめちゃくちゃ急な、狭いコンクリート斜面をへっぴり腰になりながら降りて畑へ。

南西向きの急斜面にあるこの圃場で造る甲州は、シャトー勝沼さんの上級ワインに仕上げるため、収穫をできるだけ遅らせているとの事。

ぶどうが熟して甘くなる分、晩腐病にかかる部分も出てしまう。晩腐病にかかったぶどうを混ぜてしまうと、味わいに影響が出る。この圃場からは特に上質なワインを造りたいから、明らかな晩腐病(干しぶどうのようになっている)と、晩腐病になりかけの部分(青っぽかったり黒っぽくなっていて、実物を見れば素人でも判断できた)、茎から枯れてしまっているぶどうは勿体ないけどはじいて下さいとの説明。はじいたぶどうはそのまま畑に落とし、後でスタッフが回収するとの事。

背負子にカゴをセットし、鋏を受け取って作業開始。こちらの甲州は棚仕立て。


f:id:Miki_diary:20211024103514j:image

蔓を持つのではなく、房をしっかり持って。房を切り取ってから、傷んだ粒を取り除いて行く。

大事なワインの選果を任される責任感。美味しいワインにして欲しいから、しっかりチェック。

みんなほぼ無言。無心に刈り取り選果していく。体験の和気あいあいというより、真剣に作業。

カゴがいっぱいになるとズシリと重く、新しいカゴへ交換。


f:id:Miki_diary:20211024104159j:image

集まったカゴはスタッフが重量を調整して、トロッコで坂の上まで運ぶ。

圃場を移動しながらひたすら作業。

圃場によって陽当りが違うため、ぶどうの房の大きさや色付きにも明らかな違いが。

食べてみても、まだ緑味の残るぶどうには渋みがあり、紫色に綺麗に色づいたぶどうは甘い。

ほんの少し移動しただけなのに差が出るのが面白い。

休憩なし。作業を始めてかれこれ2時間。在宅勤務が長くて2年位引きこもっていた私には、かなりのハードワーク。

全て収穫するまであと少し、の所で時刻は13∶00。カゴもなくなってしまったので、参加者はここで撤収。


f:id:Miki_diary:20211024105600j:image

気がついたら雨も止んでいて、たくさん実っていたぶどうが綺麗にカゴに収まり。疲労とともに達成感。

一番オイシイ会に参加したつもりが、常連さん曰く「一番大変な日に来ちゃいましたね!」

収穫最後の会だった為、できるだけたくさん収穫してしまいたかったようなのと、芽かきや傘かけは作業は地味でも、収穫が一番重労働のよう。

その分やりがいがあったし、楽しかった。

次はやっぱり剪定、芽かき、誘引、傘かけ、収穫と一連の作業を通して経験してみたいな。

f:id:Miki_diary:20211024110923j:image
f:id:Miki_diary:20211024110943j:image
作業の後は、テントの下でワインを頂きながらのフレンチバーベキュー。

常連さんや専務とお話する機会に恵まれて、有意義な一時でした。


f:id:Miki_diary:20211024112004j:image

収穫したワインは、再来年⬇になるのではないかと。

https://a.r10.to/hDC7xB

来年のファーム トゥー ボトルのスケジュールは、12月20日頃公開予定との事です。

https://www.chateauk.co.jp/farm/

 

 

 

 

 

 

 

 

中伊豆ワイナリーシャトーT.S

2020年10月1日。


f:id:Miki_diary:20211020221308j:image

コロナ禍の狭間に、派遣先が変わる為一週間位の休みがあって、GOTOキャンペーンを利用しての旅行。 

まずは修善寺駅売店内『イズーラ修善寺』でイズシカそばで腹ごしらえ。

f:id:Miki_diary:20211020201104j:image

ちょっと臭みがあり、噛みごたえのある食感。まあ、こんなもの?好奇心は満たされた。

送迎バスでホテルワイナリーヒルズ。荷物を預け、そのバスでワイナリーへ。

f:id:Miki_diary:20211020202409j:image
f:id:Miki_diary:20211020202523j:image
久しぶりに清々しい空気を吸いながら、自然の中を歩いてホテルへ。人がいないのでマスクを外してリフレッシュ。金木犀のいい香り。

ホテルで温泉に入り、今度はワイナリーツアー参加の為、再びバスでワイナリーへ。

醸造設備や、SHIDAX社長の秘蔵ワインの数々を見学。

f:id:Miki_diary:20211020205036j:imagef:id:Miki_diary:20211020205150j:image
f:id:Miki_diary:20211020205226j:image
そして、お待ちかねの無料試飲。

…なのだが、お味は...。普段選ばない甘口のロゼがまあまあかな。白はともかく、正直赤は…でした。

f:id:Miki_diary:20211020210618j:image

有料試飲のマスカットベーリーAのロゼは悪くなかったけど、買って帰ろうと思うほどではなかったかな。

そのままシャトーレストラン ナパ•バレーでミニコースの夕食。
f:id:Miki_diary:20211020211642j:imagef:id:Miki_diary:20211020211830j:imagef:id:Miki_diary:20211020212142j:imagef:id:Miki_diary:20211020212223j:image

頂いたワインは『伊豆シンフォニー•レッド』。

カベルネ・ソーヴィニヨン、プティ•ヴェルド、メルローのシンフォニー。メインのビーフ、ニンニクの効いたソースに合って美味しかった。f:id:Miki_diary:20211020212721j:image

最後にサービスのグラッパ。アルコール42%。

香りだけでも楽しんで、と言われたのに、あまりにもいい香りで、味も美味しくて、全部飲み干してしまった!

帰りは満月を見せて貰いつつ、高級車でホテルまで。

f:id:Miki_diary:20211020213203j:image

ほろ酔いだったのに、おそらくグラッパのせいで、夜中頭が割れるほど痛くなり、しばらく胃も痛かったのは…まあ、仕方ない。

翌日はまだコロナの不安もあるし、久々の外出で満足したので、まっすぐ帰宅。

お土産はホテルの部屋に置いてあったワイン。f:id:Miki_diary:20211020213825j:image

宿泊者プレゼント用のオリジナルワインでセパージュ不明。

後日飲んだ感想。

「部屋に置く位だから、万人受けする軽めのワインと予想して休日のお昼に抜栓。渋みがなく、予想通りの味わい。」

f:id:Miki_diary:20211020214856j:image

久々の旅行。興味を持ち始めたワインに因んだ旅となり、大人の社会科見学気分。また色んなワイナリーに行ってみたいなぁ。

中伊豆ワイナリーヒルズ