Miki’s Diary

Mikiの徒然日記。

ぶどうばたけ/菱山中央醸造

2021年10月18日(月)


f:id:Miki_diary:20211031083709j:image

前日利用したタクシーの運転手さんに、今でも手搾りでワインを作っている所があると教えて頂き、お邪魔する事に。

(実はそのタクシーに水筒を忘れ、朝届けて頂いたばかりか、「通り道だから乗って行きな」、とぶどうばたけまで無料で送って頂きました。優しさに感謝です。また勝沼に行った時はお電話して、利用させて頂きます!)

菱山中央醸造さんでは、地域の農家さんがぶどうを持ち寄り、主にボランティアスタッフが手作業でワインを作っている。たくさんぶどうを持って来た農家が、たくさんワインを持って帰れるとか。

ぶどうばたけに着くと、ちょうど地元の小学生が見学に来ていたので、一緒に話を聞かせて頂いた。子供達のおじいちゃんがその場にいらしたり、おじいちゃんの名前(ファーストネーム)を聞いて、「ああ、あそこの畑の孫か!」都会では親の職業聞いたらプライバシーがって言われそうなのに、のどかでほのぼのした空気だった。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASPBL7HHBPBLUZOB004.html


f:id:Miki_diary:20211031085717j:image
f:id:Miki_diary:20211031085744j:image

この中にぶどうを入れて、茎を取りながら、実を下に落としていく。

坂の下と繋がっていて、そこで搔き出し、手作業でも茎等を選別して木製の圧搾器?に入れる。


f:id:Miki_diary:20211031091345j:image

重しをして、ジャッキを使ったり、人が乗って果汁を搾る。


f:id:Miki_diary:20211031091834j:imagef:id:Miki_diary:20211031091927j:imagef:id:Miki_diary:20211031092045j:image
f:id:Miki_diary:20211031092102j:image
搾りたての果汁。エグみもなく、絞っただけなのに甘くて美味しかった。

f:id:Miki_diary:20211031092409j:image

手搾りなので、機械で半分位しか絞れない。搾りカスは近所の農家の畑に撒き、栄養にするとの事。トラクターで運ばれて行きました。

子供達への説明は続いていたけれど、私はワインの試飲へ。

白辛口、白甘口、ロゼと試飲。

ロゼは、食用のぶどうを含め、余っているぶどうをなんでも混ぜるらしく、毎年セパージュが異なる面白さ。

白甘口も、甘ったるくなく、優しい味わい。

とはいえ、やっぱり食事と合わせるには白辛口だよな、と購入。

後日麹檸檬鍋に合わせて頂きました。


f:id:Miki_diary:20211031094221j:image
f:id:Miki_diary:20211031094336j:image

コルクやシールも手作業、自分たちが飲むワインという事でエチケットもなし。

勝沼では、一升瓶を湯呑みで飲むそう。

「湯呑みで美味しいんですか?」と思わず聞いたら、「グラスで気取らず、気軽に飲めるように。美味しいというより文化です。」との事。

勝沼の文化を尊重して私も湯呑みで。

あら不思議。湯呑みだと難しく考える事なく、グビグビと。和食何にでも合いそうだし、優しく絞ってある分雑味がなくて、キリリと辛口なのに飲みやすい。

3日かけて飲んだけど、翌日の方が少し熟成した感じも出て、最後まで美味しく頂きました。

昔ながらの日本でのワイン造りを見る事ができて、非常に興味深く素敵な体験でした。

https://www.budoubatake.co.jp/story.html